豊中市桜の町の動物病院なら アルファ動物病院

TEL:06-6840-0456

〒560-0054 大阪府豊中市桜の町1-3-16

診察時間

休診日

午前診察/受付09:00~ 診察09:15~
午後診察/受付17:00~ 診察17:15~

水曜日
※日曜祝日も診察しております。

豊中市桜の町の動物病院なら アルファ動物病院

TEL:06-6840-0456

〒560-0054 大阪府豊中市桜の町1-3-16

診察時間

午前診察/受付09:00~ 診察09:15~
午後診察/受付17:00~ 診察17:15~

休診日

水曜日
※日曜祝日も診察しております。

豊中市桜の町の動物病院なら アルファ動物病院

豊中市桜の町の動物病院なら アルファ動物病院

〒560-0054 大阪府豊中市桜の町1-3-16 
TEL:06-6840-0456
午前診察/受付09:00~ 診察09:15~
午後診察/受付17:00~ 診察17:15~

キャンペーン

ワンちゃん、猫ちゃんの健康診断キャンペーン実施中!

猫ちゃん便乗キャンペーン始まりました。

ペットのお薬配送 すぐデリがご自宅にお薬届けます!

「忙しくて薬を貰いに行く時間がない」、「ペットを連れて動物病院に行きづらい」などのご意見にお応えして、ペットのお薬配送サービスを行ないます。

診療時間

9:15~12:00
受付9:00~
17:15~20:00
受付17:00~

【休診日:水曜日】※日曜祝日も診察しております。

【診療予約】手術予約はあり(お電話にてご予約下さい。)

アルファ動物病院が選ばれる理由

◆アルファ動物病院は土曜日・日曜日・祝日も診療

◆犬(小型犬から大型犬まで)・猫・小動物(フクロモモンガなど)の幅広い診療

◆犬や猫の様々な病気を経験豊富な医師が担当します
産科・繁殖診療、皮膚科、内分泌疾患、椎間板ヘルニア(ペットの痛み)、馬尾症候群、レーザー治療、アトピー性皮膚炎、アレルギー治療など

ペットのお薬配送 すぐデリがご自宅にお薬届けます!

「忙しくて薬を貰いに行く時間がない」、「ペットを連れて動物病院に行きづらい」などのご意見にお応えして、ペットのお薬配送サービスを行ないます。

お知らせ

6月から蚊が多く発生します。蚊を媒介とする犬糸状虫の感染(フィラリア症)を予防する為に月一回の投薬を忘れずに!
投薬が難しいワンちゃんには、年1度の注射で予防できる薬もございますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

LINEアカウント移行のお願い
新しいシステムの導入に伴い、従来のアカウントは使用停止しております。
大変お手数ですが、運用中の新公式アカウントに友だち追加をお願いします。

詳細はこちらから。

これまでダイレクトメールでお送りしていた予防接種などのお知らせを、
携帯電話やEメールで受信が可能になるサービス「iRecall(アイリコール)」を導入いたします。

当院前の道路の向かいの4・5・6も当院契約駐車場です。
縦列駐車場が苦手な方は、是非ご利用下さい。

駐車場に関する詳細画像はこちらをクリックしてください。

常備薬だけどうしても取りにいけない時にオンラインで発注できるサービスです。

詳細はこちらをクリックしてください。

コラム

6月から蒸し暑くなりますが、動物にとっても過ごしにくい季節になります。
特に湿度に関しては注意が必要です。人間と違って常に毛皮を纏っている状態ということを忘れないでください!
理想としては60%以下の湿度を保つように気を付けましょう!

蚊を媒介とした犬糸状虫症(フィラリア症)の予防を忘れずにしましょう。
フィラリア予防は、毎月一回の予防と、注射で一年分をまとめて予防できるタイプがあります。
当院ではご要望に応じて予防しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

犬、猫共に尻尾の動きは非常に重要です。
いつも喜んで尻尾を振ったり、左右に動かしているのに最近動きが悪いかな?と思ったら受信をお勧めします。
腰の神経障害の可能性があります。レントゲン検査などで判別できることが多いですので、一度検査をすることをお勧めします。

10〜11月ごろに発情が来たワンチャンで、12月になっても陰部がまだ膨らんでいたり、ペロペロ舐めたりしている場合は子宮の病気の可能性があります。
気になるようでしたらまずはご連絡ください!
子宮蓄膿症になると命に関わる重篤な症状が出ます。ご注意を!

春と秋に発情期になることが多いワンちゃんですが、発情終了後2〜3週間経っても、陰部が腫れていたり、しきりに気にして舐めている様であれば、子宮蓄膿症かも知れません!放っておくと命に関わるとても怖い病気です。
気になる方は是非受診してください。

ワクチンなどの健康維持のための予約は、1週間先までで問題ありません。
ただ、体調が悪い場合は急変することもありますのでできるだけ早い予約をお勧めします。動物の病気の進行は想像以上に早い場合がありますのでくれぐれもご注意ください。

お知らせ

6月から蚊が多く発生します。蚊を媒介とする犬糸状虫の感染(フィラリア症)を予防する為に月一回の投薬を忘れずに!
投薬が難しいワンちゃんには、年1度の注射で予防できる薬もございますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

LINEアカウント移行のお願い
新しいシステムの導入に伴い、従来のアカウントは使用停止しております。
大変お手数ですが、運用中の新公式アカウントに友だち追加をお願いします。

詳細はこちらから。

これまでダイレクトメールでお送りしていた予防接種などのお知らせを、
携帯電話やEメールで受信が可能になるサービス「iRecall(アイリコール)」を導入いたします。

当院前の道路の向かいの4・5・6も当院契約駐車場です。
縦列駐車場が苦手な方は、是非ご利用下さい。

駐車場に関する詳細画像はこちらをクリックしてください。

常備薬だけどうしても取りにいけない時にオンラインで発注できるサービスです。

詳細はこちらをクリックしてください。

コラム

6月から蒸し暑くなりますが、動物にとっても過ごしにくい季節になります。
特に湿度に関しては注意が必要です。人間と違って常に毛皮を纏っている状態ということを忘れないでください!
理想としては60%以下の湿度を保つように気を付けましょう!

犬、猫共に尻尾の動きは非常に重要です。
いつも喜んで尻尾を振ったり、左右に動かしているのに最近動きが悪いかな?と思ったら受信をお勧めします。
腰の神経障害の可能性があります。レントゲン検査などで判別できることが多いですので、一度検査をすることをお勧めします。

10〜11月ごろに発情が来たワンチャンで、12月になっても陰部がまだ膨らんでいたり、ペロペロ舐めたりしている場合は子宮の病気の可能性があります。
気になるようでしたらまずはご連絡ください!
子宮蓄膿症になると命に関わる重篤な症状が出ます。ご注意を!

春と秋に発情期になることが多いワンちゃんですが、発情終了後2〜3週間経っても、陰部が腫れていたり、しきりに気にして舐めている様であれば、子宮蓄膿症かも知れません!放っておくと命に関わるとても怖い病気です。
気になる方は是非受診してください。

皮膚のベトつき、目の周りが黒ずんでいる。

よく、アトピー性皮膚炎なので薬を飲んで痒みを止めるだけの治療で困っている方。
ひょっとしたら、内分泌疾患かも知れません。甲状腺の異常で皮膚が正常な状態を維持できない場合があります。適切な治療で、最善されることが多いのでぜひご相談ください。

ワクチンなどの健康維持のための予約は、1週間先までで問題ありません。
ただ、体調が悪い場合は急変することもありますのでできるだけ早い予約をお勧めします。動物の病気の進行は想像以上に早い場合がありますのでくれぐれもご注意ください。

【最寄り駅】大阪モノレール「柴原」駅下車、徒歩10分